大学で資格取得するメリット

大学で幼稚園教諭の免許を取得するメリットといえば、1種免許が取れることでしょう。1種免許があれば園長になることができるので、キャリアアップを目指す人に向いています。

大学で幼稚園教諭の資格取得可能!?抱える疑問を解決します

短大と四大で資格は異なりますか?

幼稚園教諭免許には1種と2種がありますが、短大では2種免許・四大では1種免許が取得できます。

1種免許と2種免許はどう違うのですか?

どちらの免許も幼稚園での教育業務を行うことができますが、待遇面が変わることがあります。一般的には1種免許取得者の方が給料は高めです。

資格取得に年齢制限はありますか?

幼稚園教諭の資格取得には年齢制限はありません。そのため、定年退職してからでも大学などで学位を修め卒業すれば資格を得ることは可能です。

資格取得の難易度を教えて下さい

大学などの指定教育機関で所定の単位を修めて卒業すれば、自動的に幼稚園教諭免許が与えられます。在学中に様々な課題が与えられますが、それらをしっかりこなせば資格は取得できます。

ピアノを弾けないと駄目ですか?

幼稚園教諭の資格では、ピアノの演奏技術は問われません。そのため、ピアノが弾けなくても資格取得は可能です。ただし、ピアノを弾けた方が就職に有利になるでしょう。

年齢を考えよう

学校の先生

幼稚園教諭になるために大学へ進学する人はたくさんいます。しかし、女性の場合、年齢のことも考えた方がいいかもしれません。四年制大学となるとスムーズに卒業するにしても22歳になっています。早く結婚したいと考えているのなら、幼稚園教諭として働いてすぐに結婚となってしまうこともあるかもしれません。産休をとるなど、先々のことも含めて考えると幼稚園教諭として働ける期間は短いこともあるでしょう。もちろん育児が落ち着いてから復帰することもできます。ただし、園児たちと一緒に居るとかなりの体力が必要です。歳を取ってからの復帰は若い頃とは違った苦労もあるはずです。そこで大学ではなく短大で資格を取得するという人もいます。少しでも早く資格を取得して働いた方が効率的だという人は、このような方法をとるのもいいかもしれません。

資格を取得するにはどうすべきか

女性

大学に進学する目的が明確なほど、進学する意味を実感できることでしょう。例えば、幼稚園教諭になりたいという目標があるのなら、教育が部のある大学に進学することになります。最初から明確な目的があるので、選択すべき学部も学ぶべき内容も理解できているはずです。目標があれば通うのにも努力しようという気持ちになれることでしょう。また、進学してから急に目標が明確になる人もいます。資格を取得したいのなら進学してからでも可能です。